NEWSチューンナップ

製作部

パイピング溶接、マフラー製作風景です

最近は製作する溶接補修する工場もめっきり減りましたが当社は設備も技術者も健在です!
パイプ溶接には内側にもガスを流しながら溶接するバックシールド手法を行うことで内部からも溶接されたように溶け込みがあり絶対的な強度、美観性、内部抵抗削減が可能になります

お困りごと、オンリーワンオーダー品がご希望の方お問い合わせください